AGAが進行が速いため、対策法や相談機関を事前に確認しておきましょう。

美容医療で出来ることをまとめたサイトのヘッダー画像

薄毛の原因

薄毛に悩む女性

薄毛の原因は大きく分けて、遺伝・頭皮環境・他の疾患による3つであると考えられています。

 

遺伝

全男性の30%は、男性ホルモンの働きによって引き起こされる「男性型脱毛症(AGA)」であるといわれています。
AGAは遺伝的要素が大きく、確実に症状が進行し、若く発症するほど症状の進行が速いのが特徴です。

 

頭皮環境

身体的疲労や精神的ストレスなどが重なると、体内で「活性酸素」が作られます。
活性酸素は殺菌力が高く、体内に侵入する細菌やウイルスと戦う役目がありますが、多すぎると健康な細胞まで傷つけてしまいます。
これにより、頭皮環境が悪化してしまうのです。
このように、活性酸素が増えすぎると毛髪だけではなく、健康や美容のすべてにおいて悪影響を及ぼします。
また、シャンプーの仕方によっても頭皮環境が悪化します。

 

適度な皮脂は、頭皮の保護に欠かせません。
清潔にしようとして、頭皮を擦りすぎたり洗いすぎて皮脂を除去してしまうと、体は頭皮を守るためにかえって皮脂を分泌しようとします。
その悪循環が続くと、過剰分泌した皮脂により菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こして毛根へダメージを与えてしまうのです。

 

他の疾患

貧血の女性イラスト

貧血によって、酸素を全身に運ぶヘモグロビンが減少し、栄養や酸素が不足すると抜け毛の原因となります。
また、甲状腺疾患によって甲状腺の機能が亢進し、新陳代謝が活発になりすぎることによって、抜け毛が引き起こされてしまいます。

 

薄毛治療・対策

薄毛の原因によって、適した治療方法は異なります。

 

内服薬

内服薬で使用されるのはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドです。
日本人に多い、頭頂部の薄毛に特に効果があるといわれています。
AGAに効果が高いといわれています。

 

外用薬

塗り薬であるミノキシジル、アデノシン、t-フラバノン、カルプロニウム塩化物、ケトコナゾールなどがあります。
AGAに効果が高いといわれています。

 

レーザー

レーザーによって、皮膚の深層部の組織にエネルギーを到達させ、コラーゲンの生成や肌のターンオーバーを促進させることにより発毛を促します。
ストレスによる脱毛、初期脱毛、女性の脱毛症に適しています。

 

植毛

人口植毛をした女性

植毛には「人工植毛」と「自毛植毛」の2種類があります。

 

人工植毛

ナイロンやポリエステルで作られた人工的な毛髪を、頭皮に植え込む方法です。
植えこむ本数に応じて費用が決まる場合が多いです。

 

自毛植毛

自分の髪の毛を植毛する方法です。
側頭部や後頭部など、AGAの影響を受けにくいところから毛髪を採取して、気になるところに再分配します。
薄毛の範囲によって、費用が決まる場合が多いです。

 

ヘアアートメイク

ヘアアートメイクは、特殊な染料及び針を用いて頭皮に色素を入れてゆき、毛根から髪の毛が生えているように見みせるアートメイクです。
生え際や分け目などの「部分的な薄毛」に対処することができる上、アートメイクでおでこを狭くすれば小顔効果にも繋がります。
持続期間は1~2年となっており、永久ではないものの、他の薄毛治療の効果が表れるまでの「つなぎ」として利用する人が増えています。

 

専門機関での相談がベター

いかがでしたか?薄毛は原因によって治療法や対処法がことなるため、まずは専門機関を受診することをおすすめします。
薄毛の原因をしることで、正しいケアを行うことが改善への一番の近道です。
薄毛は進行型のものが多いので、少しでも早く対策を行いましょう!