ニキビが出来る原因は複数あるので、しっかり予防することが大事です。

美容医療で出来ることをまとめたサイトのヘッダー画像

ニキビができる原因

肌の状態に悩む女性

10代にできるニキビは「思春期ニキビ」と呼ばれ、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まることが原因で起こります。
この思春期ニキビは、20歳前後になるとホルモンバランスが安定することにより、自然に治っていきます。

 

しかし20代以降でも「大人ニキビ」に悩まされる人は多いです。
大人ニキビは、生活習慣やホルモンバランスなどが、複雑に絡み合うことが原因でできるといわれています。

 

栄養バランスの乱れ

揚げ物やスイーツなど、脂質や糖質が多い食事を取りすぎると、ニキビの原因となります。
脂質や糖質の代謝には「ビタミンB群」を消費し、これらの成分の過剰摂取は皮脂分泌のコントロールの乱れ・皮脂が毛穴に詰まる等を引き起こすためです。
バランスの良い食事を心がけることが、ニキビ予防の第一歩と言えます。

睡眠不足

皮膚は睡眠中にダメージを修復し、新しい皮膚を生み出しています。
睡眠不足が続くとこの肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が溜まり毛穴が詰まり、ニキビの原因となります。
睡眠をしっかりととり、お肌のターンオーバーが乱れを予防しましょう。

ストレス

免疫力の低下も、ニキビができる要因の一つです。
ストレスを受けると体内に活性酸素が発生し、細胞を傷つけて免疫力が低下してしまいますので、ニキビの発生に繋がります。
さらに、ストレスが重なるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの一種である「アストロゲン」が過剰分泌されてしまいます。

 

同ホルモンは皮脂の分泌を促進するため、慢性的な分泌によって毛穴に皮脂が溜まってしまい、延いてはニキビの発生へと繋がってしまうのです。
なるべくストレスをため込まないように、リラックスしてくださいね。

乾燥

肌が乾燥すると、皮膚の保護機能が働き、肌の潤いを保とうと皮脂が分泌されます。すると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因となります。
乾燥しているのにオイリー肌というのは、オトナ女子に多くみられる状態です。
乾燥対策をする事で、ニキビを予防することができます。

 

治療方法

ニキビ治療に使う薬

ニキビの予防には生活習慣を整えることが大切ですが、体質によってはどうしても皮脂やニキビの原因となるアクネ菌が分泌されやすい場合があります。

 

そんな時は、美容皮膚科に相談して、適切な施術を行う事でニキビを予防する事ができます。

 

 

ミノマイシン内服薬

ニキビの原因菌を増殖を防ぐことができる内服薬です。

 

イソトレチノイン内服薬

重症なニキビの特効薬です。ニキビの原因である皮脂の過剰分泌と、毛穴のつまりを防ぎ炎症を抑える作用があります。

 

ダラシンTゲル

ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する外用薬です。

 

アクチアムローション

ニキビの炎症を鎮静できる外用薬です。

 

美容鍼

美容鍼によって、皮膚に鍼を打つことで、皮膚の表面に目に見えない傷を作ります。
この傷を修復しようとする力が働く際、コラーゲンやエラスチンが生成されます。
すると、肌に栄養がいきわたり、ニキビの治療や予防に効果的があらわれるのです。

 

イオン導入・超音波導入

微弱な電流や超音波によって、有効成分をイオン化し、肌の深層部まで浸透させることができる施術です。
美肌の土台を作り上げることでニキビの予防になります。
また、抗酸化作用が高い成分を浸透させることで、できてしまったニキビ治療にも用いられている治療方法です。

 

まずは生活習慣改善が最優先!

電球のイラスト

いかがでしたか?ニキビの予防には生活習慣を整えることが大切ですが、何度も繰り返してしまう場合は、体質によるものが大きい可能性が高いです。
そんなときは、一人で悩まずに、美容皮膚科や美容クリニックに相談してみてくださいね!