クマを治療することで、若返った印象を与えることができます。

美容医療で出来ることをまとめたサイトのヘッダー画像

クマの種類とそれぞれの原因

くまに悩む女性

一言にクマと言っても、実は3つの種類があり、それぞれ原因が異なっていることをご存じでしょうか。
クマの種類ごとに、その原因と自分でできる対策をご紹介します。

 

青クマ

目の下の皮膚が青黒く見え、ファンデーションやコンシーラーで隠せるクマは、青クマと呼ばれます。
青クマは、疲れや睡眠不足による血行不良が原因でできるクマです。
目元の皮膚は薄いため、血流が悪くなると皮膚の上からでも青黒く見えてしまいます。
青クマはしっかりと睡眠をとり、目元をマッサージしたり温めたりして、血流をよくすることで解消できます。

黒クマ

ファンデーションやコンシーラーで隠せなかったり、顔を上に向けると薄くなったりする場合は、黒クマである可能性が高いです。
実は、クマがある人のほとんどが、この黒クマであるといわれています。
黒クマの原因は、目の下の脂肪です。生まれつき脂肪つきやすい人や、加齢と共に目の周りの筋肉や皮膚が衰えて脂肪が前に押し出されることで、目の下が膨らみ影ができます。
黒クマには、目の下にたるみ用の美容液などを塗ってハリをもたせましょう。

茶グマ

クマの色が茶色っぽく、くすんで見えるものは茶グマと呼ばれます。
茶グマは、目をこすったり刺激を与えたりすることによって、皮膚が色素沈着している状態です。
なるべく目をこすらないように注意して生活し、目の下の保湿をしたりビタミンCを摂取したりすることで、改善が見込めます。

 

美容クリニックでのクマ治療

美容クリニックに行くか悩む女性

自分で対策をしてみても、なかなか解消されない場合、肌の再生力が低下してしまっているかもしれません。
そんなときは、美容クリニックでの医療をおすすめします。どのような治療があるか、チェックしていきましょう。

 

皮膚再生医療

皮膚再生医療では、自身の血液中から血小板を採取し、目の下に注入する治療です。
血小板には「成長因子」という、あらゆる細胞を再生する成分が含まれています。この成長因子を注入することで、目の下の老化症状を改善できるのです。
症状にもよりますが、多くの場合は1度で効果を実感できます。

 

ヒアルロン酸注入

目の下にヒアルロン酸を注入し、目の下をふっくらと膨らませて皮膚を持ち上げることで、クマを解消する治療です。
クマと同時に、目の下のくぼみにお悩みの人にも選ばれています。
注入したヒアルロン酸は、体内に存在していたヒアルロン酸と結合するため、副作用やアレルギーの心配はほとんどありません。
ヒアルロン酸は6ヵ月~12ヵ月ほどで、体内に吸収されるため、効果を保つには定期的な治療が必要です。

 

脂肪注入

自身の脂肪を採取し目の下に注入することで、皮膚の下をふっくらさせクマを目立たなくする治療です。
自身のお腹やふとももなどから、脂肪を吸引して利用します。
ヒアルロン酸注入同様、クマと同時に目の下のくぼみやタルミにお悩みの人におすすめです。
自身の脂肪を注入するため、アレルギーや副作用の心配はほとんどありません。ヒアルロン酸よりも、長期間の持続性が期待できます。

 

>>小顔整形では脂肪吸入が可能!

 

脱脂肪法

脱脂肪法は、目の下の脂肪を除去し、下まぶたのふくらみを解消する手術です。
黒クマの原因である目の下の脂肪は、目の周りの筋肉の衰えによるものなので、自然に解消する事はできません。
この治療法では、一度で下まぶたのふくらみとたるみを解消し、若々しい目元になれます。
皮膚を切開する手術なので、腫れは数日~1種間ほど、自然に馴染むまでは1ヵ月ほどかかります。

 

クマを解消して若々しい目元に!

若い女性の目元

いかがでしたか?クマは疲れや睡眠不足だけではなく、様々な原因で起こることがわかりました。
顔の印象をぐっと老けさせてしまうクマですが、解消できればむしろ実年齢より若々しくみられます。
「自分ではなかなか解消できない」「今すぐクマを取りたい!」という方は、ぜひ美容クリニックでの治療を検討してみてくださいね!